電車の運転士になる方法

電車の運転士は人気のある職業のひとつですが、実際に運転士となるためには、ある程度の駅業務をこなした後、国家試験に合格しなければなりません。

サイトトップ > 電車の運転士になるまで

スポンサードリンク

電車の運転士になる方法

電車の運転士になるまで


電車の運転士になりたいと思っている人は、おそらくたくさんいると思われます。ひと昔前に「電車でGO」というシミュレーション・ゲームが大ヒットしたことからも、電車の運転士というものが人気のある職業であることが分かります。


子どもの頃によく行なわれるアンケートに、「将来なりたい職業は?」というものがよくありますが、野球選手やサッカー選手の次に人気のあるのが、パイロットや電車の運転手であったと思います。その中でも特に新幹線の運転手は人気があります。


さて、実際に電車の運転手になるには、どうすればよいのでしょうか?先ずは、鉄道会社に就職しなければいけません。そして、鉄道会社に就職しても、すぐに電車の運転士になれるわけではありません。


最初のうちは様々な駅の業務をこなしていかなければならないようです。例えば、駅の清掃やお客様の対応などの仕事を何年かこなしていきます。その後、運転士になる前に、鉄道会社内の車掌になるための登用試験に合格して、車掌の仕事に就くことが必要になります。


この車掌の業務に数年就いた後、電車運転士の国家試験を受けて合格して初めて電車の運転士となることができるのです。また、電車の運転士となった後も、定期的に訓練などを受けなければならないようです。そういうわけで、電車の運転士になるためには、けっこう努力が必要ですし、時間もかかるようです。


電車の運転士になる方法

MENU



スポンサードリンク